サイト内検索
 

※社会保険や労働保険に関してのご質問は、質問掲示板へお願いします。

※当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さって結構です。リンク先URLは、
http://www.shibuya.net/
として下さい。


webmaster@shibuya.net

〒004-0863
北海道札幌市清田区北野3条3丁目1-22
しぶや労務管理事務所
特定社会保険労務士
種物谷 忠憲(しぶや ただのり)
TEL:011-883-8456


行政官庁の調査立ち会い・是正勧告


行政官庁の調査立ち会い

経営者を悩ますのは、労働基準監督署、社会保険事務所等の調査ではないでしょうか。

労働基準監督署は、36協定は結んでいるか。サービス残業が行われていないか(最近は特に厳しく調査されます)。残業単価は適正かなど。社会保険事務所は、社会保険の加入漏れはないか。加入日は適切か。社会保険料は正しく決定されているかなど調査されます。

調査の前に当事務所にご相談ください。また、急な調査も当事務所が代理して立会い、交渉致します。

労働基準監督署の調査・是正勧告対策はここをクリックしてください。



是正勧告とは

事業場の監督の際に労働基準監督官が法令違反に該当すると判断した事項を確認した場合には「是正勧告書」が交付されます。

その場合、労働基準監督官は事業主又は立会人に該当事項を説明し、報告書の受領者は受領年月日、受領者サイン、押印をすることとなります。「是正勧告書」には違反事項と是正期日が指定されているので、期日まで是正をする必要があります。

しかし、あくまでもこれは勧告ですので、必ずしも全て是正する必要はありません。つまり事業主は当該是正に関して法令違反ではないと考える事項があるならば、当該勧告に従う必要はないということです。しかしその場合、検察庁へ送検されることもありますので当該是正勧告を単に無視をして良いということではありません。

法令違反であることが明白であるにもかかわらず事業主に改善の意思がみられない場合は労働基準監督官は送検手続きを開始するということです。悪質な法令違反がある場合にも送検手続きが開始されます。

送検されると場合によっては起訴され裁判所の判断をあおぐことになるということです。



 

(C)Shibuya Business Consultant All rights Reserved. 2015