サイト内検索
 

※社会保険や労働保険に関してのご質問は、質問掲示板へお願いします。

※当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さって結構です。リンク先URLは、
http://www.shibuya.net/
として下さい。


webmaster@shibuya.net

〒004-0863
北海道札幌市清田区北野3条3丁目1-22
しぶや労務管理事務所
特定社会保険労務士
種物谷 忠憲(しぶや ただのり)
TEL:011-883-8456


健康保険法

Q.従業員がケガ・病気で休業したときの手続き


■ 傷病手当金とは?被保険者が業務外の病気やケガで仕事に就くことができず、会社から給与が受けられないとき、生活保障のために支給されます。

■ 次の3つの要件を満たしていることが必要です。

  1. 療養のため労務に服することができないこと。(働くことが出来ない)
  2. 療養のため労務不能の日が3日間連続していること。(待期期間)
  3. 報酬(給与)を受けていないこと。(ただし、報酬を受けていても、その額が傷病手当金の額より少ない時は、その差額が支給されます。)


・支給金額は、1日につき標準報酬日額の3分の2に相当する額です。
・支給期間は、同一傷病につき初診日から1年6ヵ月間です。

【待期期間について】
健康保険の「傷病手当金」を受け取るために必要な「待期期間の3日間」は、労務不能が要件です。
この要件を満たしていれば、有給・無給は問題にされません。仮に、欠勤開始日から3日間が、有給休暇だとしても待期は完成します。また、「公休日」も待期期間として認められます。

■ 支給をうけるための手続き

【傷病手当金請求書】に事業主の証明と医師の意見をつけて保険者(社会保険事務所又は健康保険組合)に提出します。また、出勤簿及び賃金台帳等の提示(添付)も必要になります。

● 事業主の証明
仕事につけなかった期間と、うけられなかった給料の期間等についてのものです。
ただし、この証明に誤りがあると、支給されなくなったり、後で返還を求められたりすることがありますので注意して下さい。(出勤簿、賃金台帳で確認して下さい)

● 医師の意見
病気・怪我の経過等と、労務不能の期間についてのものです。
例えば、「○ヶ月間の療養を要す」と診断された場合でも、実際に仕事につけなかった期間についてのみ請求し、不確定な先の分までは請求できません。




  (更新日: 2007/11/26)

  ※内容は、法令改正等により適応しない場合もございますのでご注意願います。
   当社では、内容に関して一切の責任を負いませんので、ご了解の上でご利用下さい。


 

(C)Shibuya Business Consultant All rights Reserved. 2015