サイト内検索
 

※社会保険や労働保険に関してのご質問は、質問掲示板へお願いします。

※当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さって結構です。リンク先URLは、
http://www.shibuya.net/
として下さい。


webmaster@shibuya.net

〒004-0863
北海道札幌市清田区北野3条3丁目1-22
しぶや労務管理事務所
特定社会保険労務士
種物谷 忠憲(しぶや ただのり)
TEL:011-883-8456


健康保険法

Q.出産のときの給付(出産育児一時金)とは?


■ 出産育児一時金とは

被保険者や被扶養配偶者が出産をしたときは、1児ごとに35万円が、出産育児一時金として支給されます。
正常な出産のときは病気とみなされないため、定期検診や出産のための費用は自費扱いになります。
異常出産のときは、健康保険が適用されますので療養の給付を受けることができます。
多生児を出産したときは、胎児数分だけ支給されますので双生児の場合は、出産育児一時金は2人分になります。

※ 妊娠4ヶ月以上(12週以上)の死・流産の場合も支払われます。
※健康保険組合や国民健康保険の場合は、法定給付の35万円に付加給付がプラスされる場合もありますので、加入している保険者に確認して下さい。(政府管掌健康保険には付加給付はありません)

■ いつもらえるのか?

出産の翌日から2年以内ならば請求できます。これ以上経過すると請求資格を失います。早く手続きをすれば、振り込みも早くなります。通常、早くて2週間位、遅くても2ヶ月後までには指定した銀行口座に振り込まれます。


■ 申請先は?

出産育児一時金請求書を出産から2年以内に下記に提出します。

国民健康保険の場合・・・・・・・ 市町村役所の健康保険課へ
政府管掌健康保険の場合・・・・・ 職場、または管轄する社会保険事務所へ
健康保険組合の場合・・・・・・・ 職場、または各組合へ




  (更新日: 2007/11/26)

  ※内容は、法令改正等により適応しない場合もございますのでご注意願います。
   当社では、内容に関して一切の責任を負いませんので、ご了解の上でご利用下さい。


 

(C)Shibuya Business Consultant All rights Reserved. 2015