サイト内検索
 

※社会保険や労働保険に関してのご質問は、質問掲示板へお願いします。

※当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さって結構です。リンク先URLは、
http://www.shibuya.net/
として下さい。


webmaster@shibuya.net

〒004-0863
北海道札幌市清田区北野3条3丁目1-22
しぶや労務管理事務所
特定社会保険労務士
種物谷 忠憲(しぶや ただのり)
TEL:011-883-8456


労災保険法

Q.従業員が仕事中にケガをしたとき


【療養補償給付の受給と手続きのしかた】

仕事中にケガをしたら、5号様式を作成して病院へ行く!


 労働者が業務災害で病気にかかったり、ケガをして病院等へ行ったときには、療養補償給付が支給されます。

 療養補償給付は、現物給付である「療養の給付」と現金給付である「療養の費用」の2種類あります。

■ 療養補償給付

 療養の給付というのは、ケガなどをした労働者が、労災病院や労災指定病院で、診察、手術、薬剤の支給など、直接治療を受けられる給付で、この場合、健康保険のような負担金はいっさいありません。

 労災指定病院というのは、都道府県労働基準局長の指定を受けて、労災保険の療養の給付を担当する医療機関のことです。

 療養の給付を受ける方法は、「療養補償給付たる療養の給付請求書(様式5号)」を作成し、治療を受けている指定病院等を経由して、管轄の労働基準監督署の労災課に提出します。


■ 指定病院等(変更)届

 また通院に不便であったり、治療に適切な施設がなかったりしたときには、転医することもできます。
 この場合は、「療養補償給付たる療養の給付を受ける指定病院等(変更)届(様式6号)」を作成して、転医先の指定病院等に提出します。


■ 療養の費用請求書

 療養の費用の給付というのは、指定病院以外の病院で治療を受けたなど、治療に
かかった費用を立て替え払いとして、あとでその費用の支給を受けるものです。

 この受給方法は、「療養補償給付たる療養の費用請求書(様式7号)」を作成し、領収書など療養にかかった費用を証明する書類を添付して、管轄の労働基準監督署の労災課に提出します。




  (更新日: 2007/11/26)

  ※内容は、法令改正等により適応しない場合もございますのでご注意願います。
   当社では、内容に関して一切の責任を負いませんので、ご了解の上でご利用下さい。


 

(C)Shibuya Business Consultant All rights Reserved. 2015