サイト内検索
 

※社会保険や労働保険に関してのご質問は、質問掲示板へお願いします。

※当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さって結構です。リンク先URLは、
http://www.shibuya.net/
として下さい。


webmaster@shibuya.net

〒004-0863
北海道札幌市清田区北野3条3丁目1-22
しぶや労務管理事務所
特定社会保険労務士
種物谷 忠憲(しぶや ただのり)
TEL:011-883-8456


雇用保険法

Q.雇用保険の受給資格要件が改正されました[H19.10.1改正]


雇用保険の受給資格要件が改正されました[平成19年10月1日改正]

今までは、雇用保険の被保険者であった期間が6ヶ月以上あれば、失業手当を受給することが出来たのですが、この要件が厳しくなり、「12ヶ月以上被保険者であった期間」が必要とされるようになります。

この改正内容が施行されるのは、平成19年10月1日からで、10月1日以降に退職された方から12ヶ月の要件が適用されます。


■ 雇用保険の受給資格要件が変わります

[改正前]

被保険者区分 短時間労働被保険者
(週所定労働時間20時間以上30時間未満)
短時間労働被保険者以外の一般被保険者
(週所定労働時間30時間以上)
受給資格要件 離職の日以前2年間に
被保険者期間 12ヵ月以上
(賃金支払基礎日数が
11日以上のものを1ヵ月)
離職の日以前1年間に
被保険者期間 6ヵ月以上
(賃金支払基礎日数が
14日以上ものを1ヵ月)



▼ 改正後 ▼

[改正後]

被保険者区分 一般被保険者(週所定労働時間20時間以上)
受給資格要件 離職の日以前2年間に  被保険者期間 12ヵ月以上
  (賃金支払基礎日数が11日以上のものを1ヵ月)
※ 倒産・解雇等により離職された方は、離職の日以前1年間に6ヵ月以上

○平成19年10月1日以降に離職された方が対象となります。
○被保険者区分が一本化されました。(短時間労働被保険者の区分がなくなりました)




  (更新日: 2007/11/29)

  ※内容は、法令改正等により適応しない場合もございますのでご注意願います。
   当社では、内容に関して一切の責任を負いませんので、ご了解の上でご利用下さい。


 

(C)Shibuya Business Consultant All rights Reserved. 2015